×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

バイアグラ レビトラ シアリス 避妊薬 個人輸入代行
ホーム ご注文方法 価格表 よくある質問 マイ・アカウント 提携プログラム マイ・カート お問い合わせ
オンラインサポート
 
このサイトをお気に入りに登録
発送方法
お支払い方法
商品カテゴリ
メールマガジンご登録
お名前:
Email:
 
 

レビトラ

  商品の価格表を見る

※こちらの商品はEMS発送ができません。
発送方法選択時にEMSをお選び頂かないようご注意下さい。万が一EMS発送をご選択頂いても、普通便での発送となりますので予めご了承下さい。

レビトラ
(注意:写真はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。)


レビトラについて

レビトラは国内2番目のED治療薬です。性行為の30分〜1時間前の空腹時に服用して効果が最大5時間持続します。バイアグラで効果が認められなかったED患者の希望の星としてレビトラは注目されています。 レビトラはバイアグラよりも効果の出る時間が早く、勃起力の強化、勃起時間の延長、男性器の硬度を高める等の効能も他に引けを取らないながらも、バイアグラとは少し違う使用感があると述べる男性が多く、多くの固定ファンがいるのも特徴です。レビトラの強みはバイアグラ同様「短時間に何回も」というスタイルが可能なことです。レビトラファンの多くが、他の ED薬に浮気しないことも使い心地の良さを証明するものではないでしょうか。

ブランド・レビトラの成分

塩酸バルデナフィル

レビトラの使用目的

ED患者(男性機能不全)の性交渉の成功率の改善を目的としています。女性が服用しても効果はありません。(女性は服用しないでください。)勃起を解消させる酵素を阻害する事で、ペニス(男性器)の勃起反応を長引かせる事を目的とする薬品です。レビトラはペニスを直接勃起させる薬ではありません。飲むことによって興奮するものでも有りません。レビトラ服用後でも、性行為の初めには性的興奮が必要となり、射精が終わると勃起は自然に収まります。ですので、レビトラはその気になるのに勃起しない、又は勃起の 難しい人に効果のある薬品です。服用に当たっては医師・薬剤師の説明を受け、十分に理解したうえで処方箋に注意深く従い用法用量を守って自己責任でお使 いください。

レビトラの特徴と効果効能

個人輸入代行サービスで取り扱う勃起不全(ED)治療薬のレビトラはバイアグラと同様、勃起を抑える方向に働く酵素をブロックすることによって勃起反応を長引かせます。先発のED治療薬と比べ選択性が高く、人体に数多く存在する酵素のうちホスホジエステラーゼ-5(PDE-5酵素)等、特に勃起障害に関わる酵素を中心に抑えます。レビトラ服用後25分後から最大5時間までの効果が持続が確認されています。レビトラはバイアグラで十分な効果の得られなかったED患者に有効な場合があり、バイアグラの有効でないED患者より期待が集まりました。レビトラ効果はバイアグラに比べ即効性が確認されたとの臨床報告もあります。長期の服用でも、安定した効果が得られるのが特徴です。また、アメリカやカナダの学会では、糖尿病や前立腺がん手術後のED患者にも効果が期待できると発表がありました。レビトラは併用が出来ないお薬が他のED治療薬より多くあります。併用禁忌については後述します。

なぜ勃起力低下EDになるのか

原因には、精神的要因(機能性)と、身体的要因(器質性)があります。勃起力低下ED は、ストレスなどの「精神的な部分に起因している」とあきらめている方は案外多いようです。たしかに「精神的な原因」もありますが、その他に血管や神経系などの障害が原因の「器質性」もあるのです。レビトラはこの2つのEDに対する治療薬です。


勃起力低下EDの2大発症原因

勃起不全には、2つの要因があります。一つ目は、老化や身体の不調による「器質性ED」そして2つ目は、精神的な不調による「機能性ED」です。
体内の神経や、血管、そして各組織、またホルモンなどは、性的な刺激に応答して勃起反応を促します。しかし、この関連部位に異常が見られると正常な体内の応答がおこらないEDという症状に至ります。
機能性EDは、若い男性に見られることが多いい要因です。特に過度なストレスは、直接的に勃起不全症の原因となることが解っています。また、精神的なバランスを崩すことで、性欲が減退する傾向があります。

レビトラの使用前の注意事項

ご使用は、1日に1度のみです。多種のED治療薬との同時併用や、24時間以内の追加服用は大変危険です。
レビトラの特徴として、アルコールに強いことが知られていますが、大量のアルコールを摂取後は服用を避けていただくことをお勧めいたします。また、満腹時や効果レステロール、高脂肪食の摂取後は、効果が薄れることがあります。
レビトラの服用は、医師の説明を理解したうえで自己責任にて使用してください。

  • 以下の症状がある方の服用は危険です。

低血圧・高血圧症、本品にアレルギーがある、脳梗塞、肝臓・腎臓障害、心臓病の持病がある方。ニトログリセリン系の治療薬を服用している方。

  • 次に該当する方は、服用前に必ず医師の指導を受けて下さい。

鎌状赤血球貧血の方、骨髄がんの方、白血病の方、腎臓、肝臓に疾患のある方 。

※グレープフルーツ(ジュースも含む)を摂取した後、
レビトラを服用すると危険です。血圧に作用する薬を服用している方のご使用も危険ですので必ず医師にご相談下さい。

レビトラの副作用について

頭痛、のぼせ、消化不良、眩暈、鼻づまりなどが知られています。また、一時的に視界が青く見えることがあります。勃起状態が4時間以上継続した場合、緊急処置が必要です。詳細な副作用なリストが必要な方は、医師にお尋ねください。

レビトラの保管にあたっての注意事項

お子様の手の届かないところにて保管してください。また、直射日光をさけ室温(15度~30度)で密封して保存してください。

危険な他の薬品との併用について
◆硝酸剤(飲み薬・舌下錠・貼¥り薬・吸入薬・注射・塗り薬・スプレー)の商品名一覧
アイトロール錠10mg/20mg,アパティアテープニトロールスプレーアンタップ/R,イソピットニトロシンパフイソモニット錠20mg,オーネスゲン錠,カリアントTPカプセル,コバインター錠5mg,サークレス注0.05%/0.1%,サワドールテープ/S,シグランコート錠2.5mg/5mg,シルビノール錠5mg,タイシロール錠20mg,ニトロペン錠,硝酸イソソルビドテープ [EMEC],ラブノールRカ プセル,ミリスロール注,ミニトロテープステンベルガー錠5mg,ペネティISDN,バソレーター注5mg/注 50mg,ハイパジールコーワ点眼液,ニトロバイド錠5mgL-,ニトプロ注,テープジドレンテープヘルツァーS,シベラント錠 5mg,サワドールL錠,カリアント錠10,イブステン錠5,アイロクール錠20mg,リファタックテープS,メディトランステープニコランジス錠2.5mg/5mg,ミリスロール0.5mg/10ml,ホクスノールLカプセル,フランソルテープS,バソレーターRB2.5,ニトロラム冠動注用,ニトロスロー錠,ニトルビン錠5,ニコランマート錠,セラモンテ錠,シグマート錠2.5mg/5mg,コンスピット錠,カプセルニトログリセリン錠,イソコロナールR,山川イソニトール錠20,ニソルビド注0.05%/0.1,ニトラステープアイスラール錠20mg,ニトロールRカプセル20mg,ニトログリセリン注-ACC,ニトロダームTTSエスタット錠5mg,ニトロフィックス5/10,ニプラノール点眼液,ハイパジールコーワ錠3/ 錠6,バソレーターテープジアセラL錠,バソレーター軟膏,フランドルシグマート注 2mg/12mg/48mg,ヘルピニン-Rカプセル,ミオコールスプレー,ミリステープスレンドミン錠,ミリスロールテープソプレロール錠 20mg,メズサビド錠5,メディトランスニトロニコランタ錠5,リファタックL錠,亜硝,アミルニトロール錠,硝酸イソソルビド錠(ツルハラ),リベラステープ

その他
レビトラの併用禁忌
◆内服の抗真菌薬(水虫などのカビによる感染症の治療薬)の商品名
イコナゾンカプセル50イトラコンカプセル50イデノラートカプセル50mgイトラリール錠50/100イトラートカプセル50イトリゾールカプセル50 イトラコナゾール錠50/100「MEEK」トラコナ錠50mgイトラコネート錠50mg  併用することにより
レビトラ(塩酸バルデナフィル)の血中濃度が上昇することがあるため上記のお薬を服用している方にレビトラは服用いただけません。

◆抗不整脈薬の商品名
ア ジマリン錠50「イセイ」ノルペースCR錠アジマリン錠「ヨウシン」ピメノールカプセル50mg/100mgアミサリン錠125mg/250mgファン ミルR錠アミサリン注ファンミルカプセルアンカロン錠100ミコルテン R錠ジソピラR錠リスピンジソピランカプセルリスピンR錠シベノール錠50mg/100mgリスモダンR錠150mgシベノール注射液リスモダンカプ セル 50mg/100mgシンビット静注用50mgリスモダンP注ソタコール錠40mg/80mgリスラミドR錠ソピラート「カプセル」リゾラミドR錠タ イリンダーR錠リゾラミドカプセルタイリンダーカプセル硫酸キニジン錠チヨバンカプセル/50mg硫酸キニジン錠「ホエイ」ノルペース 50mg/100mg硫酸キニジン「ホエイ」 併用することにより心臓の動きに異常をきたす可能性があるため上記のお薬を服用している方に
レビトラは服用いただけません。

 

※サイト上に記述がない場合、もしくは新しく発売された薬品については、医療機関で併用の安全性についてご相談ください。

※その他レビトラとの併用の危険性がはっきりしておらず危険視されている合法ドラッグは、若年層を中心に流行しておりますが、レビトラとの併用も未知の副作用を危険視されていますので合法ドラッグとのご使用は大変危険ですのでおやめください。

※上記は完全な併用禁忌のリストではありません。詳しくお知りになりたい場合はお近くの医師にご相談ください。

レビトラについてもっと詳しく

■糖尿病、前立腺ガン患者とレビトラ
■根強い人気のレビトラ



レビトラ (Levitra)


商品の価格表を見る

「アイ薬」個人輸入代行で取り扱っているすべての商標は各会社からの登録商標によるものです。

ご注意:お支払いについて

サイト上の表示価格は日本円ですが、クレジットカード決済は海外で行っている為、決済日及び為替レートの変動によって差額が発生する事がございます。ご理解の上、ご了承下さいますようお願い申し上げます。

 

monitored